いろは(安曇野ときどき台湾)

台湾駐在を終えて、安曇野へ引っ越してきました。 思い出から日常生活まで、大好きなお茶と共に、つぶやきます

カテゴリ:台湾青茶 > 凍頂烏龍茶

今回の台風は記録的な大雨をもたらし、大きな爪痕を残しました。

お見舞い申し上げます。

夜中はすごかったですね💧

近所の稲を刈り取った後の田んぼが、湖になっていました。

松本市では、護国神社の鳥居が倒れてしまいました。

1942年に建てられたヒノキで作られたもので、強風と劣化が原因とのことです。

どなたも怪我がなくて良かったですね。


今日も家で、まったりお茶タイム。。

主人は明日から台湾ゴルフツアー。

明日は国際便も平常通りの運行でしょうから、ラッキーな人です。



最近、いろいろな凍頂烏龍茶を試しています。

ティーバッグの凍頂烏龍茶があったので、試してみましたが、

これは味が薄くてダメでした。

失敗したなア😢

IMG_8819


試飲ではまあまあでしたが。。。(^^;;

多分、良い部分を摘んだ残りの茶葉かな。。と思います。

焙煎はとても浅く、流行りの凍頂烏龍茶の作り方のようでした。



 

対決。。という大げさなものではないですが、

台北の別の店で買った2種類の凍頂烏龍茶を飲み比べてみました。

凍頂烏龍茶といってもいろいろあり、種類、焙煎など、千差万別です。

一つは、私のお気に入りの茶店で買ったもの。

もう一つはいろいろ飲み歩きをしていた時、(お酒じゃなくお茶)試飲して、ちょっと

気になったお茶です(気に入ったのではなく、別の意味で気になったのでした)

さて、まずはお気に入りの凍頂烏龍茶から。

IMG_8802

写真に撮ると緑色に近いです。

次に、気になった茶葉。。。

IMG_8803

色が濃く、かなり大きいです。

香りが。。ちょっと強い?

IMG_8804

やや濃く入れました。

1煎目

左はお気に入りの。。やや渋みが出ましたが、まろやかな味に変わっていきます。

右は。。全く渋みが出ず、見た目よりぱあっと軽い強い香りがします。

2煎目

左は本領発揮、甘みが心地よいです。右は香り全開。

3煎目

左は香りも変わりなかったのですが、右は力尽きた感じ。平らな味になりました。

4煎目〜5煎目

左は香りは薄くなりましたが、しっかりしたボディ、まだまだいけそうです。

右は全く味がせず、出し殻のお湯のような味。ところが、杯には香りだけがずっと残っています。

。。。?!

茶底を比べてみました。




IMG_8806
お気に入りの茶葉

IMG_8809
右の茶葉

左の茶葉は柔らかく、緑色の葉に縁が少し紅くなっているのが見えるでしょうか。

右の茶葉はびっくりする位大きく、ちょっとゴワゴワです。

柔らかく左のと似ている葉もありましたが、均一ではなく、おそらくいろいろ

ブレンドしてあるのかも?
 

同じ凍頂烏龍という名前ですが、随分違います。


台北のお茶屋さんもいろいろありますね。

観光客相手に「バニラの香りよ〜」なんて試飲を勧めてくる金宣茶は。。。やめた方がいいです。

おそらく、安い茶葉に香りを付けてます。

やはり本物を見分けたり、味が分かるようになりたいと思います



ただ、本物でなくても、その味が好きなら別ですね。

分かっていて買うのも、ありかもしれません。(うちの主人は、右が好みだそうです)

好みは人それぞれ、味を追求したい人、コスパを考える人、お土産でばら撒きたい人、

それぞれのニーズに合わせての買い物も楽しいですね。 

このページのトップヘ