今日の安曇野は雨、雨、雨。。

昨日まとめ買いしたので、一気に下ごしらえ、「つくおき」していました


ここの所、福建省のお茶ばかり出していたので、主人はやや不満そう。

「木柵の鉄観音の方が美味しいような気がする。。 」

私達の買ってきたお茶は、特級品ばかりだものね。


主人が駐在中、いろいろ旅して回りましたが、福建省と台湾は非常に関係があるのです。

オランダ統治時代に対岸の福建省から、大勢の漢民族が移住。

また、凍頂烏龍茶は19世紀半ばに林鳳池が科挙の試験の為に福建省に渡り、

台湾に戻る際に武夷山から持ち帰った株なのです。

凍頂山に植えたもののみが立派に育ち、現在の凍頂烏龍茶になりました。

木柵の鉄観音のルーツも、1896年に安渓から持ち込んだ苗木。

この時は、1000株を移植。鉄観音の製茶技術も学び、生産が開始されました。

木柵の鉄観音も春に沢山買ってきたので、そのうち開けましょうか。。


下の写真は凍頂山です。

鹿谷郷凍頂巷辺り 湖は麒麟潭。

IMG_6661


FullSizeRender4


FullSizeRender3