いろは(安曇野ときどき台湾)

台湾駐在を終えて、安曇野へ引っ越してきました。 思い出から日常生活まで、大好きなお茶と共に、つぶやきます

カテゴリ: 中国茶

大紅袍の続きです。

岩茶房さんへ行った日の夜、

同じ大紅袍を飲み比べに茶韻館さんへもお邪魔して来ました。

いろいろな偶然が重なり、まるで導かれたように…

お茶友は陳年老茶を。

こちらの大紅袍は、まろやかで優しく、

昼間頂いた梅占にも似たような、果香もありました。

陳年老茶は…

30年の重みと深さでしょうか…

最初はスパイスを寝かせたかのような味わいが

次第に深く豊かな甘みと変わり、

蘭や果物といった芳醇な香が折り重なって…

素晴らしいお茶でした。

お店の方は、ブレンドと仰っていましたが、

元のお茶は、鉄観音あたりをベースにした物でしょうか…

こんな至福の時を一緒に過ごせるお茶友に感謝✨

0DC512C9-5745-4918-A372-53DDA138D175



0AF8DF27-F212-45F5-A34F-86540853B770



1E96B06C-292A-4AEF-9DE1-1A8CF83F73E1


武夷岩茶の中で王様と位置づけられている大紅袍。

今日はそんなお茶を飲んできました。

かつて皇帝専用のお茶として献上され、

現在でも大紅袍の原木から採取される茶葉には

大変な値段がつけられています。

とても手が出るお茶ではないのですが、

接ぎ木の接ぎ木など、クローンは多く流通しているようです。

また大紅袍という商品名で数種の岩茶を

ブレンドした物も多く流通しています。

何せ、原木の大紅袍は飲んだ事が無いので、

どんな味か分からないです。

なので、初体験にワクワクでした✨



岩茶房さんへ。

圧倒的な強いボディー、長く長く続く岩韻。

深さと厚みがあり、ガツンと来ました。

まさに王様!

2煎目から、クリアな華やかさが現れ、

さらに回甘が後から押し寄せます。

もうノックアウトです。

お茶友は梅占を選びました。

これはプリンセスのような華やかで軽やかな、

フルーティーな味わい。

入手困難な貴重な武夷岩茶です。

E024EBF1-21E2-4DA0-962E-8529AC755D57



34C3A774-020B-4E76-89FD-4CF86B4F5099


あー幸せ✨



ここ数日、鳳凰単叢を飲んでいます。

広東省で作られる烏龍茶で、フルーティーでマスカットのような香りがします。

現地ではかなり濃く、渋く淹れるらしいのですが、私はあっさりと香り高く淹れるのが好きなので、

十秒ほどでさっと淹れています。

IMG_9206


これは蜜蘭香です。

鳳凰単叢は、1000種類近い品種があります。

挿木や接木の技術がなかった頃、種によって増やされ、親木とは別の遺伝子を持つ子が

できたためです。

山の高度や地名、香りによって区分、管理されています。

他にもクチナシの香りのするもの、金木犀の香りのするものなど、いろいろです。

カフェインが強いというので、眠れないかも??





 

先日聞いて来たセミナーの復習をあれこれ。。しています。

お茶飲むだけなんですけどね

その中で、これよこれ! という安渓鉄観音茶がありました

これ↓

IMG_9074


香り立つ。。というのはこういう事かしらん。

茶葉は肉厚、ツヤのある緑色

茶水は黄金色、爽やかで回甘が素晴らしい。

長く続く余韻は音韻と呼ばれています。。。。これだ!

忘れないように書き留めておきます。

ちょっとお茶買いに行きたいな。。。と思いつつ、

厦門から入る。。という説明を聞いて、ちょっと。。。。うっと思ってしまいました。

もしかしたら・・私は誘拐される所だったかも。(こんなおばちゃんが。。笑)

それは金門島への旅行中、ツアーバスで観光していた時のことです。

親子連れが日本語で話しかけて来ました。

しばらく話し、写真を撮ってくれたり、とてもにこやかな家族でした。

老夫婦の子供と思われる青年は、爽やかに次のように言いました。

「自分達は厦門から来た。厦門はすぐ近くなので、案内してあげるからこれから来ませんか?」

主人がよく厦門に出張に行くことを思い出し、知り合いがいるかも。。と思って、

「今、主人を呼んで来ますね。ご紹介します」と前方を歩いていた主人の所へ行き、振り返ると。。。

その親子連れは消えていました。

あれ?

乗り込んだツアーバスの中にいましたが、目を合わせることなく、別人のような冷たい顔をしていました。

独身女性と思われたのかも??

危ない、危ない、今頃売り飛ばされていたかも。。(売れないか。。。笑)

知らない人について行かないように。。という親の教えが役に立つとはね 

皆さんも旅行中気をつけて下さいね。

またまた、お茶の話から逸れてしまったのでした  m(ーー)m







 

今日は吉祥寺にて、至福の時を過ごして来ました。

まずは会社時代の友人とランチへ。

お互い海外生活が長く、すれ違い。

長い時を経て、ようやくゆっくりと時間を持てました。

不思議なもので、変わらない彼女を見ていると、あの時代にタイムスリップしてしまうのですね。

気分だけはね!(//∇//)

欲を言えば、私の外見もタイムスリップして欲しかったなーー


そして午後は、中国茶、しかも貴重な岩茶を堪能させて頂きました。

共に頑張った戦友達と、一期一会のお茶を楽しむ、

何と贅沢な時間💕(๑>◡<๑)

今日は、20代で出会った友とこの年で出会った友と、

一緒に過ごせた事に感謝です。

B765356A-0C6C-4A3D-A8B7-BC67278606EB

31A1E27F-FCC0-4A2C-B54E-4894781C8B78


A7F43CAA-1D05-41C1-B896-A40B72B8FD13

47ADE94F-48CE-4895-A9AA-8F677456A678


ひさびさに訪れた梅の花、美味しかったです(๑>◡<๑)



4DAA8544-2E07-40BD-A87A-61865ED04F5F


651E5CD1-87A2-4E9E-9398-AA63FDA5B74E

CFBDAFD5-F95B-4399-8360-7AE93C3DAB19



優雅なお点前に心も身体も癒されます。

武夷山まで行ってお茶を仕入れて下さったRさん、

本当にありがとうございました✨

岩茶は、身体で味わうのですね💕

このページのトップヘ