いろは(安曇野ときどき台湾)

台湾駐在を終えて、安曇野へ引っ越してきました。 思い出から日常生活まで、大好きなお茶と共に、つぶやきます

2017年11月

引き続き、穂高駅付近探索です。

そば処上條さんへ行って来ました。

洋館風の建物で、内装もお洒落です。

天恵そばを注文してみました。


IMG_9218


IMG_9219


IMG_9220


IMG_9221


IMG_9223


このお店のお水は、地下水から汲み上げた北アルプスの天然水です。

その甘みのある水に入れた水そばが出てくるので、これを頂きます。

甘みと香りのハーモニーが素晴らしいです。

蕎麦粉は八ヶ岳の高度のある場所のお蕎麦だそうです。

次に、具が10種類乗っている天恵そば!

手前の四角のものは、そば焼き味噌とか。

美味しいです

ちなみに、主人はくるみそば。

クルミをすり鉢で擦って、そこにそばつゆを入れて頂きます。

これも香りが



しかも、お蕎麦屋さんでアップルパイも食べられます

IMG_9227


ここの所、一日おきにジムへ行っていますが、何故か体脂肪は上昇中

でも、誘惑には勝てないわー😭

明日また。。。がんばろうーーー


ご訪問ありがとうございました✨
 

蔵のあるレトロな街並みが好きです✨(๑>◡<๑)

自家焙煎珈琲が美味しいカフェでちょっと一息💕

雑貨や食器が並び、スパイスや食料品など店いっぱいにありました。


EA79AB9F-D7BB-4530-8FB3-7DDE99273972




1B0FA321-C215-4BCA-9053-C29FEFEDBDAD



02FCEA2F-DB3B-4703-AD64-3F5A50CAC035


C3E14627-F132-4DB9-9524-8761858F1BE2

昨日、金門島の話題になってしまったので、寄り道ついでに。。

金門島は福建省厦門からわずか数キロの島で、四分の一が国立公園ですが、

観光客が上陸できるようになったのは、1992年11月の戒厳令解除後のことです。

それまでは大陸から大量の砲撃が浴びせられていました。

観光地化が進んでいるとはいえ、

まだあちらこちらに砲弾の爪痕、激戦地にあった軍事要塞などが見られます。

この砲弾を利用して作られた包丁が有名です。

台北松山空港から飛行機(立榮航空)で 1時間ちょっと。

移動は主にタクシーですね。

観光用の循環バスもあります。

  • A線 (水頭翟山線、金城バスターミナル起点・終点) — 莒光楼、水頭聚落、文台寶塔、翟山坑道など   時間  8:25~12:10 
  • B線 (古寧頭戦場線、金城バスターミナル起点・終点) — 古寧頭戦史館、慈湖観景台など   時間  13:30~17:22 
  • C線 (太武金沙線、山外バスターミナル起点・終点) — 斗門登山歩道口、導覧沙美老街、馬山観測所、山后民俗文化村、林務所など   時間  8:25~12:05 
  • D線 (榕園太湖線、山外バスターミナル起点・終点) — 榕園、八二三戰史館‧俞大維先生紀念館、金門畜産試験所、金門陶甕博物館
IMG_3261

台湾本土から270キロ、しかし厦門からは10キロ。台湾国民党が守りきった激戦の島です。

IMG_3239

瓊林村・・文化が色濃く残り明・清朝を思わせる古い集落が残されています。

IMG_3273



FullSizeRender

翟山坑道・・・島民と兵士が力を合わせて掘り上げた要塞。国共内戦の際の台湾防衛拠点


IMG_3282

風獅爺とは金門の人々の信仰の対象となっている石像。沖縄県のシーサーに似ている?


IMG_3240


FullSizeRender2
慈湖は共産党軍の上陸に備えて作られた人工の塩水湖。美しい夕日で有名。
帰りはバスがなかなか来なくて大変でした。 

 

先日聞いて来たセミナーの復習をあれこれ。。しています。

お茶飲むだけなんですけどね

その中で、これよこれ! という安渓鉄観音茶がありました

これ↓

IMG_9074


香り立つ。。というのはこういう事かしらん。

茶葉は肉厚、ツヤのある緑色

茶水は黄金色、爽やかで回甘が素晴らしい。

長く続く余韻は音韻と呼ばれています。。。。これだ!

忘れないように書き留めておきます。

ちょっとお茶買いに行きたいな。。。と思いつつ、

厦門から入る。。という説明を聞いて、ちょっと。。。。うっと思ってしまいました。

もしかしたら・・私は誘拐される所だったかも。(こんなおばちゃんが。。笑)

それは金門島への旅行中、ツアーバスで観光していた時のことです。

親子連れが日本語で話しかけて来ました。

しばらく話し、写真を撮ってくれたり、とてもにこやかな家族でした。

老夫婦の子供と思われる青年は、爽やかに次のように言いました。

「自分達は厦門から来た。厦門はすぐ近くなので、案内してあげるからこれから来ませんか?」

主人がよく厦門に出張に行くことを思い出し、知り合いがいるかも。。と思って、

「今、主人を呼んで来ますね。ご紹介します」と前方を歩いていた主人の所へ行き、振り返ると。。。

その親子連れは消えていました。

あれ?

乗り込んだツアーバスの中にいましたが、目を合わせることなく、別人のような冷たい顔をしていました。

独身女性と思われたのかも??

危ない、危ない、今頃売り飛ばされていたかも。。(売れないか。。。笑)

知らない人について行かないように。。という親の教えが役に立つとはね 

皆さんも旅行中気をつけて下さいね。

またまた、お茶の話から逸れてしまったのでした  m(ーー)m







 

このページのトップヘ